2016年2月18日木曜日

結局なぜ俺はソシャゲを楽しめずにいるのか?

以下の内容は俺がソシャゲを好かない理由であり、ソシャゲが社会悪であるとかソシャゲーマーは愚かだとかそういう主張をするつもりは一切ないことを理解して欲しい。


ガチャが嫌いだ、という話は再三した
今回話したいのは、ソシャゲに対してガチャに限らず様々な面で俺が楽しめずにいる理由はなんなのか、という自分自身の内面への疑問にようやくけりがついた気がするということである。


まず、大前提として、俺はゲームをのびのびと自由に好きな時間に好きなだけ遊びたい。
実を言うと俺はどうぶつの森シリーズが好きなのに苦手である。それはどういうことかというと、あの独特のスローライフな雰囲気とか動物との交流は実に楽しいし、それを楽しみに毎回買うんだけど、毎日日課をこなさないと華は枯れ、草は伸び、隣人は去るというのがどうも続けていられない。どんなに好きなゲームもやりたくない日ぐらいあるが、それがたまたま一週間続いただけでひどい目に遭うからだ。これは俺が日課まみれのネトゲを長続きできない理由でもある。

俺はゲームを遊ぶ時、一度ハマるともうとにかく熱中して熱中して、休日は半日ぐらいぶっ続けで遊び続けたりして、突然ふっと熱が冷めて進行途中で一旦手を置く事が多い。

そしてその休止期間は一週間か一ヶ月か、長ければ半年、一年、俺の記憶している中で最も長く休止していたのは3年以上になるが、それだけの期間を置いてまた唐突に再開し、最後はより熱中してクリア・コンプリートまで到達する。

というのが俺の基本的なプレイスタイルである。具体例を言うなら、ゼノブレイドはヴァラク雪山で4ヶ月止まった。スプラトゥーンもフェス2回分ぐらい離れた。スカウォに至っては半年近く現在進行形で休止中である。

そんなわけで、ソシャゲ特有のスタミナというシステムによって、毎日コツコツ遊び、一度のプレイ時間は短いというのが、俺の遊び方と超絶相性が悪いということは分かってもらえただろう。

これがまず一つ目の理由である。

次に、俺にはコンプリート癖がある。ゲームならアイテムやユニットを全て回収してクリアしたり、全てのエンディングを見たり、全ての実績を解除してクリアしたいと思う欲求だ。
これはゲーマー、というかオタクならある程度同意してもらえると思うのだが、実際コンプリートするかどうかは問題ではない。コンプリート可能である、ということが一番重要なのだ。
例えば、ポケモンにおいて実際に図鑑を全て埋めることはないけれども、図鑑を埋めたくなった時に困らないために幻のポケモンを映画館で確保しておくとか、RPGで実際にアイテム全種を集めることはないけれども、(略)ために途中で回収不能になるアイテムだけは少なくとも拾っておくとか、そういう形で、コンプリート可能な状態を維持しておく癖だ。ゲーム以外の趣味のグッズに関しても、珍しいアイテム、今後出回らなさそうなアイテムだけは最低限確保しておくことが多い。
コンプリート可能な状態を維持しておけば、とりあえず積みゲーにしておいても後で後悔することはないのだ(このあたりの話は、「イベント自体は楽しくないのにイベント艦を揃えないと後悔するから仕方無く遊ぶ状態になって艦これをやめた」という話にも通じる)。

この「コンプリート可能な状態を維持する」という癖も、ソシャゲにおいては非常に困難な遊び方といえる。
というか、ソシャゲのガチャキャラはそもそもコンプリートが現実的に不可能である。そりゃ俺が石油王なら無限に課金したりアカウント買ったりして全部集めたりとか出来るわけだけど、実際そうじゃないわけで、どんなに頑張って遊んでもおそらく取りこぼすユニットが多数出てくる。期間限定のコラボとかなんらかの特典とかもあるわけで、そういうのは後から手に入れるのが非常に難しい。
ソシャゲは最初から「コンプリート不能なゲームである」わけだ。最初からコンプリート不能と分かっているゲームに対して、どうやってモチベーションを高められようか。
現実的な課金では「どうせ集まらないし…」「どうせ手持ち全部は最大強化できないし…」という諦め、モヤモヤを常に抱えながら遊ぶゲームが、俺にとってのソシャゲである。

モヤモヤしながら遊ぶゲームは、のびのびと遊ぶゲームではない(トートロジー)。

コンプリートできないならせめて「優秀なキャラは揃える」とか「この絵師のキャラは集める」とかそういう妥協点をなんとか見つけてある程度の回収率の目標を立てながらやりたいものだが、それにしたってガチャというシステムが行く手を阻む。
欲しいキャラを手に入れるために必要な金額がついぞ分からないシステム。
このガチャというのは結局、欲しいキャラを手に入れるために無限に課金するか、欲しいキャラなどという幻想を抱くのをやめて限度額を決めて課金して回してたまたま出たキャラをどう運用するかを場当たり的に考えて遊ぶものなのだろう。どちらにせよ、俺の好みではない。

ゲームだぜ?
ゲームの中でぐらい欲しいものはよこせよ。
ゲームの中でぐらいコンプリートさせてくれよ。
たかがゲームなんだからさ。

ああ、5000円払うだけでコンプリート可能に出来るスタンドアローンなゲームソフトのなんと素晴らしいことか。俺はいつだってコンプリート可能であれば安心してゲームを積んでおけるのだ。


そういうわけで、俺は絶望的にソーシャルゲームを受け付けない体質でありましたとさ。